瀬谷環境ネットだより

横浜市瀬谷区及び周辺地域の自然環境をよりよいものにして、次世代へ引き継ぎたいとの願いから2006年12月に発足した瀬谷環境ネットのブログです。

いよいよ水張ります!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ぐっと気温が下がり、2か月前の今頃の汗だくだった日々が懐かしく思い出されます。
10月末になり、ようやく田んぼに水が張れるようになりました。
いよいよ念願の冬期堪水が実現しそう!!!


今日は盛りだくさんの一日でした。
まず田んぼに到着するやいなや、稲わらを近くの田んぼから運びました(写真1枚目)。
はじめは人力で応戦するものの、予想以上の量に最後は車に頼ってしまいました。
このわらは細かく裁断して田んぼに捲いて肥料にしてしまおうというわけです。


続いて会員みんなで集めた米ぬかの散布をしました(写真2枚目)。
ぬかによる除草効果というものがよく取り上げられるようですが、
狙いとしては田んぼに水を張って春までに土づくりをすることです。
米ぬかによってイトミミズや微生物の活動が活発になり、
分解促進とトロトロ層の形成になるのではないかという予想です。
およそ40kgを田面に一様になるようにまきましたが、
先週よりもはるかに湿っぽい田んぼに足をとられながらの作業です。


そして真打登場!地主さんの弟さんの自作の「わらシュレッダー」です☆
自分で機械を作ってしまうとはおそるべし!
わらの束をがんがんチップ状にしてくれます。
細かくした方が分解も早いのでは、と考えました。
ものすごい量に見えますが、ほぼ同じ面積の田んぼからとれたわらですから、
やっぱりものすごい生産力だなぁ、としみじみ。


米ぬか、わら散布ときて、もう水入れの準備はOK!
あとは細かい部分の土をかきとって、いよいよ水が入りました!!!

もちろんこれで一安心ではありません。
畦がまだまだ不完全なことと、漏水の心配、水位の調整など
しばらくは気が抜けません。
この結果はできれば明日お伝えします!

写真:上から
1.農家のお嫁さん(笑)…稲わらを運ぶのも何だか楽しそうです。
2.米ぬか散布
3.シュレッダー作業中…わらがかなりの勢いで噴き出します。
4.通水…水路の水位をあげて、一気に田んぼへ。かなりの勢いで入っていく様子がわかりますね。
5.作業後…田んぼ全面に広がっているのは、もう雑草じゃないんです。田んぼに見えますよね??
ぜひ一番最初の頃の写真とその変化を見比べてみてください。

すずき